施工例

神戸のマンション大規模修繕

BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER
所在地 兵庫県神戸市
構造 鉄筋
総戸数 12戸
築年 1999年

大阪のマンション大規模修繕

BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER
所在地 大阪市北区
構造 鉄筋
総戸数 14戸
築年 1980年

工事内容

共通仮設工事

安全な工事のための仮設計画

工事実施に先立ち、現場事務所、資材置き場、仮設トイレ、道具洗い場などを設営します。仮設電気、水道、各所の養生、安全対策を行います。

直接仮設工事

施工を円滑に行うために

適切な工事と安全のために、建物外周への仮設足場の組み立てを行います。出入口などの安全養生や、防犯対策として1階周りのメッシュフェンスの取り付けやセンサーライトなどを設置します。

下地補修工事

建物内部や階下への漏水を防ぐ

足場架設後、建物の詳細診断を行います。劣化、損傷箇所を発見して不具合に応じた適切な方法で念入りに補修を行います。補修の良否が建物の寿命を決めるための重要な過程です。

タイル面補修工事

経年劣化による剥がれ・欠損を修復

足場架設後、タイル面の前面打診調査により経年劣化等による浮き、剥落、ひび割れ等の補修箇所を特定します。不具合の状況に応じて適切な方法で補修を行います。

外壁高圧水洗浄工事

外壁に付着した汚れを洗浄

高圧水洗浄機を使用して、外壁、天井に付着した汚れや脆弱化した仕上材を除去、洗い流します。

外壁塗装工事

環境・条件に見合った塗料選び

躯体の保護と美観の復元のため、塗装を行います。塗料は対候性重視した材料が多く種類も豊富にあります。そのマンションに合った塗材を選定し、設計仕様書通り施工を行います。

鉄部塗装工事

耐久性を最も重視、長持ちさせます

鉄部の塗り替えは一般に5年程度で実施するのが望ましいとされます。塗装工程はケレン、錆止め、中塗り、上塗りの4工程が基本となります。特にケレン(さび落とし)工程が重要で、耐久性の良否を決めます。

防水工事 屋上・屋根

建物への水分浸入を防ぐ

屋上・屋根の構造・形状は様々で、防水の仕様も多種多様です。現状に適したかいせ遊材料を選定し、仕様書通り防水施工します。

防水工事 バルコニー

建物への水分浸入を防ぐ

バルコニーは階下に居室がないことから、新築時に防水処理を行ってないことが多いです。ただ、経年劣化により床がひび割れ、雨漏りが発生する場合があります。コンクリートの保護のため、現状に適した防水処理を行う必要があります。

防水工事 廊下・階段

建物への水分浸入を防ぐ

バルコニーと同様、新築時には床面に防水処理をしてない場合が多いですが、コンクリート保護のため防水処理を行う必要があります。美観・機能性の面から、防滑塩ビシートを貼ることが多くなっています。

シーリング工事

細かい周辺環境も改善

外壁目地、サッシ枠周囲、金物根回り等に防水材としてシーリング材が充填されています。既存シーリングを完全に撤去して、新たにシーリング材の打ち替えを行います。

その他改修工事

細かい周辺環境も改善

耐久性・安全性の向上や、時代やライフスタイルの変化に合わせて、デザイン性・利便性を考慮した付帯工事を行います。